Apple Watch Series 8を購入!Series 4から乗り換えはすべきか否か、考えてみた+血中酸素ウェルネスの検証つき!

Apple Watch Series 8 Apple Watch

2022年9月、ついにApple Watch Series 8が発売されました。今回のApple Watchシリーズ最大の目玉は多分Ultraモデルかと思いますが、もちろんSeries 8も着実に進化しています。当サイト管理人はこれまで、Apple Watch Series 4(40mm, Nike)を毎日愛用していて、そんなに不満もなかったのですが、家族がApple Watchを使いたいというので、今回Series 8(41mm)に乗り換えて、お古のSeries 4を家族が使うことになりました。

Apple Watch Series 4は、前モデルのSeries 3と比べてディスプレイのサイズが一回り大きくなり、CPUが強化されてもっさり感が解消したり、心電図アプリに対応するなど、大幅に機能が強化されたモデルでした。心電図に関してはApple Watch SEでもまだ対応されていないので、今でも機能的には優れたモデルといっても良いのではないかと思います。

実際簡単につかってみたところで、Series4→Series8に乗り換えるべきなのかどうか、考えてみました。

Apple Watch Series8
開封の際はわくわくしますね!

Apple Watch Series8とSeries4、何が違う?

Applewatch Series8とSeries4

Apple WatchのSeries8とSeries4のスペック面での違いを列挙すると、こんな感じです。ディスプレイサイズやCPU、センサー類が主な違いです。Apple WatchはSeries6から大幅な進化はそんなにないらしく、今回のSeries8はSeries6に皮膚温センサーと衝突事故検出がついた程度かと思います。

Series 8Series 4
41mmまたは45mmケース40mmまたは44mmケース
LTPO OLED常時表示Retinaディスプレイ、最大1,000ニトLTPO OLED Retinaディスプレイ、最大1,000ニト
S8 SiP(64ビットデュアルコアプロセッサ搭載)、W3ワイヤレスチップ、U1チップ(超広帯域)S4 SiP(64ビットデュアルコアプロセッサ搭載)、W3ワイヤレスチップ
皮膚温センサー血中酸素ウェルネスセンサー、電気心拍センサーと第3世代の光学式心拍センサー電気心拍センサーと第2世代の光学式心拍センサー
海外における緊急通報、緊急SOS、衝突事故検出、転倒検出緊急SOS、転倒検出
GPS/GNSS、コンパス、常時計測の高度計GPS/GNSS、気圧高度計
容量32GB容量16GB
高速充電対応

ディスプレイの違い

Series4からSeries8では、ディスプレイのサイズが40mmから41mmに1mm大きくなっています。試しにパスコードを入力する画面を表示してみましたが、数字ボタンが少し大きくなっていることがわかります。Series8はディスプレイの端ぎりぎりまで表示されています。

また、Series8では常時点灯ディスプレイとなっていて、Series4までと違ってディスプレイが消えず、間引いた形で表示されるようになります。

applewatch Series8とSeries4のディスプレイ

センサーの違い

Applewatch Series8では、新たに皮膚温センサーが搭載されました。Series6からは血中酸素ウェルネスのためのセンサーもついたので、Series4と比べると、裏側のセンサー部分が結構違います。

Seiris8とSeries4の裏面

血中酸素ウェルネスとちゃんと医療機器認証番号を取得しているパルスオキシメーターを同時に使ってみたところ、平時は±1程度に収まるので比較的誤差は少ないです。

パルスオキシメーターの場合、息を止めると数字がみるみる下がっていくので、頑張って低くなるところまで息を止めて測ってみました。こちらは数字にそれなりの差がつくことがわかりました。ただし、数字の正確性はともかく、しっかり酸素量が減っていることは計測結果からはっきりわかるので、新型コロナウィルスの際などは参考になるかもしれません。

皮膚温センサーについては、「周期記録」のためのものに特化されている様子で、何かを明示的に測ることができるわけではないようで、管理人(男性)はほぼ使えなさそうです。女性であれば、周期記録が自動的にされるようなので、便利な機能なんじゃないでしょうか。

充電の違い

Apple Watch Series 8は高速充電に対応しています。付属の充電ケーブルがUSB-Cになっていて、このケーブルと5W出力以上のUSB-PD対応のUSB-Cアダプタがあれば、45分で80%まで充電できるそうです

Apple Watch Series8 充電ケーブル

付属している充電ケーブルは、コネクタ形状の違いもありますが、マグネット接続部分の厚みや材質が違います。Series8に付属している高速充電対応ケーブルは金属でおおわれているようです。

Apple Watch Series4とSeries8の充電ケーブルの違い

バッテリーの持ち時間

スペック的なバッテリーの持ち時間はどちらも18時間で変わらないですが、低電力モードにすると大きく改善するらしいです。まだ低電力モードのお世話になったことはないですが、バッテリーが減る感覚はSeries4とさほど変わりません。Series4を使い始めてだいぶたつので、Series4のバッテリーは劣化していると思いますが、Series8は常時点灯しているせいか、感覚的にそんなに変わらないです。ここはもうちょっと検証してアップデートしようと思います。

結局、買い替える価値はあるのか

Apple watch Series 8

Apple Watch Series8が到着してからまだ1日くらいしかたっていないので、そんなに差を感じていないのが正直なところです。常時表示ディスプレイは何となく便利だなぁとか思うくらいで、充電についても自分の使い方だと夜中に充電するのであまり関係ないし・・・という感じです。

普段、普通の腕時計にiPhoneの通知が表示されるから便利、くらいの使い方しかしてないので、もっと使い倒せば別なのかもしれませんが、これならApple Watch Series 4のままでもよかったかなぁというのが今のところの感想です。常時表示機能はやはり地味に便利で、見たいときに腕をくるくるしなくてよいのはとても良いのですが、これが決定的な買い替え要因になりうるかと自問すると、そうでもないかなぁというところです。

ここは使ってるうちに変わるかもしれませんので、たった1日だけ使った感想です。1~2週間使ってみて、感想はアップデートしたいと思います。

多分ですけど、女性の方だと皮膚温センサーを使っての周期記録機能があるので、記録されたりふいに表示されたりするのは嫌、というのでなければとても便利な機能が追加されていますので、買い替えを検討されても良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました