USB Type-C変換アダプタ

ダイソー USB Type-C 変換ケーブル 3種類をiPhone 15 Proで試してみた!

iPhone15/Pro/Pro Maxの充電端子がLightningコネクタからUSB Type-C(Apple的には「USB-C」)に変わり、これまで使っていたLightning-3.5mmイヤホンジャック変換コネクタが使えなくなってしまいました。そこに着目したのか、早速ダイソーから300円(税込み330円)の「USB Type-C 変換ケーブル」と、500円(税込み550円)の「充電しながら使えるUSB Type-C 変換ケーブル」が登場しました。従来から売っていたUSB Type-Cをイヤホンジャックに変換するケーブル「イヤホンジャック+タイプCコード)」もついでに買ってきたので、この3種類をiPhone 15 Proで試してみます!
500円イヤホン

【レビュー】ダイソー Bluetoothイヤホン「BT007」 500円で買えるワイヤレスイヤホン、USB Type-C対応などいろいろ改善されていました!

今回登場したBT007/BT008は、イヤホンのハウジング部分の形状はこれまでのものを引き継いでいますが、充電端子がmicroUSBからUSB Type-Cに、リモコン部分の形状が変わるなど、かなり大きい変更が施されています。大幅リニューアルとなった今作、これまでと何が違うのか、まずは白の「BT007」をレビューします!
1000円以上イヤホン

Eono by Harman イヤホン レビュー アクティブノイズキャンセリング搭載で格安のAmazonブランド完全ワイヤレスイヤホン、音質をチェック!

以前、Amazon独自ブランド「Eono(イオーノ)」の完全ワイヤレスイヤホン「Eonobuds 完全ワイヤレスイヤホン」を359円で買えたのでレビューしましたが、今度は同じEonoブランドでも音響機器メーカー「Harman International」社がデザインした完全ワイヤレスイヤホンが1736円で購入できたのでレビューします。
1000円以上イヤホン

LivelyLife ワイヤレスイヤホン「LL08TWS」 レビュー 最近出てきた「イヤークリップ型」の空気伝導イヤホンの使い心地はいかに?

LivelyLifeのワイヤレスイヤホン「LL08TWS」は、最近よく見かけるようになった「イヤークリップ型のイヤホンです。空気伝導式のイヤホンは「TRUEFREE O1」でもレビューしていますが、耳に挟む形で装着するイヤークリップ型は当サイト初です。使用感はどんな感じなのか、レビューします!
1000円以上イヤホン

LivelyLife ワイヤレスイヤホン「i17」レビュー お手頃価格の完全ワイヤレスイヤホン、日本語アナウンスでわかりやすい!

※本レビューは、販売元のLivelyLife様より商品の提供を受けてレビューしています。LivelyLifeの完全ワイヤレスイヤホン「i17」は、耳に差し込むカナル型のイヤホンで、お手頃価格ながらバッテリーケースにLEDがついていてバッテリー残量がわかったり、アナウンスが日本語だったりする、初心者にもわかりやすいイヤホンです。
500円イヤホン

ダイソー ハイレゾ対応イヤホン No.7301 レビュー ついに100均イヤホンがハイレゾの領域に。500円で買えるハイレゾイヤホンの音質は?

2023年9月、ダイソー店頭に並んだ新しい有線イヤホン。また300円シリーズのバリエーションモデルかな、と思ってよく見たら、なんと左上に「Hi-Res」ロゴがついているではありませんか!お値段はちょっと上がって500円(税込550円)。このロゴは日本オーディオ協会にお金を払って認定を受ける必要があり、勝手につけられないものです。このイヤホンの名前は直球勝負の「ハイレゾ対応イヤホン No.7301」。音質のこだわりをハイレゾという形で示してきたこのイヤホン、早速レビューしてみたいと思います。
1000円以上イヤホン

Redmi 「Redmi Buds 4 Active」 レビュー スマホ世界シェア3位の会社が発売した、1990円で買える完全ワイヤレスイヤホンはお買い得なのか?

本稿執筆時点でちょうど1年前くらいに登場した本機「GRFD-TWS DT06」は、2980円(税抜き)というやや低めのお値段で、スマートフォンの心臓部を司るチップでおなじみのQualcomm社のチップ「QCC3040」を搭載し、音質に優れるとされている「aptXコーデック」に対応した機種として登場しました。特にアクティブノイズキャンセリング等は搭載していないので、機能面ではさらに1000円安い「GRFD-SWE100QT13」と近いのですが、その違いも含めてどうなのか、比較も含めてレビューしてみます。
1000円以上イヤホン

QCY T13 ANC(HT06)レビュー アクティブノイズキャンセリング付きで3000円台のお財布にやさしい完全ワイヤレスイヤホン、実際の使い心地は?

今回レビューする「T13 ANC」(HT06)は、当サイトでお勧めしているゲオの「GRFD-SWE100QT13」(元はQCYのT13)と同じ機種名「T13」を冠したうえで、アクティブノイズキャンセリング機能を付加した完全ワイヤレスイヤホンです。しかもお値段は概ね3000円台で購入可能な大変お財布に優しい設定です。音質+ANC+コスパなら最高だなぁと思って、自腹で購入したのでレビューしたいと思います。
1000円以上イヤホン

QCY ArcBuds(HT07)レビュー 4000円台なのにアクティブノイズキャンセリング、防水、アプリ対応等々、機能満載でコスパ抜群の完全ワイヤレスイヤホン!

QCYといえば、ゲオで販売されている高機能なのに高コストパフォーマンスなイヤホンのいくつかを作っているメーカーです。今回、そのQCY様から、最新作の「QCY ArcBuds(HT07)」のサンプル品をご提供いただきましたので、期待に胸を膨らませながらレビューしたいと思います。
1000円以上イヤホン

【レビュー】ダイソー 完全ワイヤレスイヤホン G036 No.3202 2023年夏の新作1000円イヤホンは日本人技術者がチューニングした「臨場感ある迫力サウンド」!

今回の新作Bluetooth完全ワイヤレスイヤホンは、「臨場感ある迫力サウンド」「動画もゲームも音ズレなく、ストレスフリー」と書かれたパッケージで、製品番号は「3202」(Bluetooth接続の際のデバイス名は「DG036-01」)。特徴を読むとかなり音質と使い勝手にこだわっていて、当サイトでこれまでレビューしてきていまいちだった点を一気に解消している様子。気合が入っていると思われるこの「完全ワイヤレスイヤホン No.3202」、実際のところはどうなのか、レビューします!
タイトルとURLをコピーしました