ダイソー 高音質ステレオイヤホン 007(No.1507/LBL、ライトブルー)/006(No.1491/PU、パープル) レビュー 2023年7月の300円イヤホン新作は流行色で登場!

ダイソー 300円イヤホン 006/007 No.1491/1507 300円イヤホン

2023年7月、ダイソーから新たなパッケージで新作300円イヤホンが登場しました。カラー展開は2色、006と番号が振られたNo.1491はPU(パープル)色、007と番号が振られたNo.1507はLBL(ライトブルー)色です。

ダイソー 300円イヤホン 006/007

良く見るとこの形、以前から販売されている「AL-001」あるいは「AL-002」と同じ形をしています。おそらくカラーバリエーションモデルだと思いますが、試しに「007」LBLを購入してみましたのでレビューしたいと思います。

概要・特徴

今回のイヤホンはALシリーズ等とは異なる新しいパッケージデザインで登場しています。音質の特徴を示すレーダーチャートはこれまでのダイソーの300円イヤホンシリーズと共通しています。

  • 小型リモコン(マイク内蔵)つき
  • 流行のくすみカラー、ライトブルーとパープルの2色展開。
  • ケーブルの長さは1.2m
  • アルミニウム合金製

基本的には以前から販売されている「AL-001/002」と同じものなので、アルミ製のハウジングだったりマイク付きリモコンがついていたりというところは同じです。ドライバー(スピーカーに相当するもの)は10mm径、再生周波数帯域は20~20,000Hz、出力音圧レベルは104±3dB、インピーダンスは16Ωです。パッケージのレーダーチャートでは、低域・中域が最高の「4」、高域・迫力・解像度が「3」となっています

外観

LBL(ライトブルー)色の本体ですが、水色というよりは淡いエメラルドグリーンみたいな色をしています。アルミのハウジングにプラスチックのジョイント部分が接続されています

ダイソー 300円イヤホン 007

ジョイント部分はこんな感じ。ネットで覆われています。

ダイソー 300円イヤホン 007 No.1507

リモコンはダイソーの300円イヤホンと共通のもの。

ダイソー 300円イヤホン 007

コネクター部分は普通のものです。最近出たNo.4915等とは異なり以前ものもと同じです。

ダイソー300円イヤホン 007 No.1507

AL-001と比較

ダイソーにて以前から販売されている「AL-001」と比較してみました。撮影の角度と色でわかりにくいですが、形は同じものです

AL-001

音質

音質に関しては、300円というお値段とは思えないくらいに良好です。パッケージでは低音、中域が良好と書かれていますが、高音域もかなりしっかりしていて、こもっている感じはなく、元気なサウンドを奏でてくれます

低音域はしっかりしていて、強すぎずいい感じで鳴ってくれます。中音域は結構強めに出ている感じで、やや散らかった感じで若干ぼんやり感があります。高音はシャープで、結構鋭い音で鳴ります。中音域のちょっとしたぼんやり感、よく言えば広がり感に引っ張られて全体のまとまりは今一つですが、この値段ではかなり良いほうですし、感じ方によってはオーディオメーカー製の1000円以下の製品と遜色ないレベルです

手持ちのAL-001と音質を比べてみたところ、AL-001はそれなりに使ってエイジングされたせいなのか、今回の007をいい感じで落ち着かせたような音をしています。もしかしたら007/No.1507もしばらく使っていると落ち着くかもしれません。

また、最近出たNo.4915と比べてみると、No.4915は中音域をうまくまとめていて、オーディオメーカー製のイヤホンに近い音質傾向をしている気がします。

マイクの音質はダイソーの300円イヤホンと基本的に同じかと思います。ZoomなどのWeb会議で試した限りでは、普通にしゃべっていればきちんと聞こえるように声を拾ってくれます。マイクは一般的な用途では必要十分な品質だと思います

総評

今回の300円イヤホン007/No.1507(LBL)は、何度も書いていますがAL-001/002に流行色を取り入れたカラーバリエーションモデルといって良く、音質についても同傾向を示しています。

ダイソーの300円イヤホンはオーディオメーカーも顔負けのレベルでバリエーションがあり、少なくとも10種類以上あります。この中でどれを選べばよいのか、当サイトでの個人的趣味でいえば、「AL-001」「AL-002」「No.4915」「No.4922」「No.4908」「006(No.1491)」「007(No.1503)」がオススメです。これらは個体差はあれど、比較的低音~高音までのバランスが良い仕上がりになっていて、カジュアルに聞くなら十分な音質だと思います

低音域を少し強化したいときは、ソニーのハイブリッドイヤーピースに変更するとさらに締まった良い音になります。2セットで数百円なので、試しに買ってみてはいかがでしょうか。

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥197 (2024/06/18 16:42:23時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました