ダイソー リモコンマイク付きUSB Type-C イヤホン iPhone15で使える有線イヤホンを実機レビュー!

ダイソー USB Type-C イヤホン 500円イヤホン

USB-C(USB Type-C)端子を搭載したiPhone15が登場した昨年、100均ショップの雄であるダイソーさんは早速これに対応した商品をいくつか出しています。以前レビューした「USB Type-C 変換ケーブル」もこの流れですが、今回レビューするのは、変換ケーブル不要でUSB Type-C端子に直接接続ができるイヤホン「リモコンマイク付きUSB Type-C イヤホン」です。果たしてどんなでき具合でしょうか。

製品概要・特徴

  • USB Type-C DAC搭載、スマホに接続するだけですぐに使える
  • 3ボタン+マイクを搭載した小型リモコン
  • ケーブル長 約1.2m
  • 9mm径ダイナミックドライバー搭載、アルミニウム製ハウジング

ダイソーの「リモコンマイク付USB Type-Cイヤホン」は、デジタルをアナログに変換する「DAC(Digital Analog Converter)」を内蔵しています。iPhoneをはじめとするいくつかのスマートフォンは、USB Type-C端子からアナログ音声の信号が出ていないため、DACを搭載した変換コネクタか本機のようなDAC搭載のUSB Type-C端子搭載イヤホンを使う必要があります。

本機に搭載されているリモコンは、3つのボタンを搭載したタイプです。同じダイソーで売られている300円のイヤホンに搭載しているリモコンのボタンは1つなので、使い勝手はこちらのほうが良いと言えます。また、リモコンにはマイクを内蔵しているので、Web会議などで使うこともできます。先日レビューした「USB Type-C 変換ケーブル」ではマイクを使うことができなかったので、マイクについては本機にアドバンテージがあります。

そのほかの性能面では、基本的に300円(税込み330円)で売られているイヤホンとほぼ同じで、9mm径のダイナミックドライバーを使用、対応周波数帯域は20~20,000Hz、ケーブル長1.2mといったところです。さすがにハイレゾには対応していません。

パッケージ内容

パッケージの内容はイヤホン本体のみで、替えのイヤーピースや説明書などは付属していません。

外観

ハウジング部分

ハウジング部分のぱっと見の雰囲気は300円で売っている「高音質ステレオイヤホン(No.4915)」に似ていますが、よく見てみると別物です。

ハウジング部分はアルミニウム製です。高見えするほどではないですが、プラスチックよりは断然良いです。

イヤーピースはMサイズ相当のものがついています。イヤーピースはペラペラで、音響機器メーカーのものと比較すると品質は今一つです。

リモコン、端子部分

リモコンはR(右)側のケーブルについていて、「再生停止」「+」「-」の3ボタンがついています。再生・停止(1回押し)、曲送り(2回押し)、曲戻し(3回押し)はまんなかの再生停止ボタンで行い、「+」「-」のボタンはボリューム調整専用です。

リモコン背面にはマイクが搭載されています。

本機最大の特徴といっていい接続端子はUSB Type-Cです。プラスチック部分は最初からキズがついていて、あまり質が良いとはいえない感じです。

音質・機能

音質について

本機「リモコンマイク付 USB Type-C イヤホン」(No.0425)の音質は、どちらかといえばフラット方向の音質な感じがします。低音域、中音域、高音域のバランスが良く、おとなしめで聞きやすいように思います。100均のイヤホンにありがちな中音域のボワ付きは特にありませんし、不自然な感じは受けません。高音域の伸びが今一歩なので、音のクリアさは今一歩ですが、その分聞きやすい印象です

問題は音の出だしで、以前レビューした「USB Type-C 変換ケーブル」もそうだったのですが、無音状態から音楽などを再生すると、出だしの音が欠けてふわっと音が鳴りはじめることが多いです。例えば、2023年にかなり売れたYOASOBIの「アイドル」は、出だしに「ダン!」という感じの音で始まりますが、その音が出ずに「無敵の~」って歌から始まってしまいます。

これに加えて、本機では音の再生中は「サー」というホワイトノイズがとても静かな環境+静かな曲でわかる程度にほんの少しのっていて、曲が終わって無音状態になってから約2秒程度で「ブッ」と小さいノイズ音が聞こえてくると、ホワイトノイズが消えます。このように本機は出だしに迫力がある曲は台無しになりがちで、かつ静かな環境で気を付けて聞くと少しノイジーな面があります。

外観の項目で書きましたが、イヤーピースがペラペラなので、イヤーピースを変えると音がさらにまとまります。いくつかのイヤーピースで試した感じでは、ソニーのハイブリッドイヤーピースを使うと音のまとまりが良くなる印象です。

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥197 (2024/03/05 04:26:15時点 Amazon調べ-詳細)

遅延・音量・マイクの音質など

動画の遅延

DACを搭載しているので、動画視聴の際に音の遅延があるかどうか念のため検証してみましたが、遅延を感じることはなく、普通に視聴することができました

ボリュームコントロール(iPhoneの場合)

音量については、最小ボリュームはやや大きめで、普通に家で使う際は最小ボリュームで十分な程度の音量です。下から2番目のボリュームになると結構大きめになります。ボリュームコントロールはかなり大雑把なようです。

マイクの音質

マイクについてはざらついたりシャリシャリすることもなく、有線ならではの明瞭さがある良い感じの音で相手側に伝わります。Web会議で使うなら本機は良い感じで使えるのではないでしょうか。

まとめ

ダイソーで500円(税込み550円)で購入できる本機「リモコンマイク付き USB Type-C イヤホン」は、iPhone15やAndroid機、パソコン等に接続して使うことができるイヤホンです。最近のスマートフォンには3.5mmジャックがついていないことも多いので、そのような機種で有線イヤホンを使いたい場合に向けた製品です。

音質面では高音域が今一つ伸びきれずクリアさに欠けるものの、全体的なバランスは良く聞きやすいイヤホンに仕上がっていると思います課題はアナログ変換部分(DAC)にあり、音楽を聞いていると、曲が終わって次の曲に行くときに音の出だしが欠けるほか、若干ながらホワイトノイズがあります

ということで、音楽用途としてはなかなかつらいものがありますが、一方でマイクの性能は比較的良好なので、電話やWeb会議用、またはあまり冒頭の音が欠けても問題ない動画視聴用に使うのが良いのではないかと思います。

音楽を聞くのであれば、iPhone用であればApple純正の「USB-C – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ」などを、Android機ならUGREEN「USB C-3.5mm イヤホン変換アダプター」やBeyeah「USB-C & 3.5 mm Type-C to 3.5 mm メスイヤホンジャックアダプタ」等のそれなりに実績がある製品+既存のイヤホンの組み合わせが良いのではないかと思います。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥1,324 (2024/03/05 03:06:40時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました